印鑑の書体

印鑑は、実印、銀行印、認印、訂正印、代表者印など様々な用途で用いますが、書体も様々あることをご存知でしょうか。
ここでは、印鑑に使われている書体について述べます。

実印に適した書体は、篆書体です。
篆書体は、紀元前200年頃に象形文字から発生したと言われており、中国から伝えられた書体で風格があることが特徴です。
また、太枠篆書体は、枠が太いので、印鑑を落として枠がかけてしまうといったことを防ぐことができます。
この書体は、日本銀行が発行している紙幣に印刷されている印鑑に使用されています。
篆書体を基本にしてデザイン化された印相体も人気です。

柔らかくありながら力強さも感じられる書体で、縁起がいいとも言われています。
隷書体は、読みやすいということが特徴となっており、実印でもよく使われています。

古印体は、日本で作られた書体です。
隷書体に丸みを加えた感じで肉太で読みやすいという観点から、認印や銀行印でよく使われています。
楷書体は、はがきや印刷物、シャチハタでよく使われています。
読みやすい書体ですが、真似もしやすいという難点があります。

行書体は、筆で書いたイメージがあり風格があって美しい書体ですが、印鑑に使用されることはあまりありません。
このように書体は様々ありますが、だいたいの店では6種類か、8種類の書体から選んで印鑑を作ることになります。

印鑑は、一度作ったらかなり長い期間使い続けることになります。
ぜひ自分の気に入った印鑑を作るようにしましょう。


▼外部サイト
篆書体や古印体など書体を選んで印鑑の注文ができる専門ショップです ・・・ 印鑑 書体

Copyright © 2014 印鑑の豆知識 All Rights Reserved.